失敗しない売買ルールの選び方 期待値が高いものを選びましょう 期待値とは一回あたりのトレードで、...

売買成績の良い株式売買ルールの見分け方は?

失敗しない売買ルールの選び方
期待値が高いものを選びましょう
期待値とは一回あたりのトレードで、どれくらいの利益が出るかという指標です。つまり、期待値が高い売買ルールを使用すると、売買を繰り返すたびに高利益を積み上げていくことができるということになります。
最大ドローダウンが低いものを選びましょう
最大ドローダウンとは損失が積み上がったときに、最大でどの程度まで損失が膨らむかという指標です。過去の運用で総資金の何%まで損失したことがあるかを表していますので、できるだけ最大ドローダウンが低いものを選ぶということが重要となります。
トレード回数が多すぎないもの
トレード回数は多ければ多いほど手数料の負担が大きくなってしまいます。また、トレード回数が多いほど、注文する時間も多くかかってしまうので、とても手間となります。少なすぎると利益も少なくなってしまいますので、年間70~80回程度のトレード回数のものを選択することをおすすめします。