フレイムラボ 高値圏での順張りで買い戦略の売買ルールです。トレード平均期間が2日以内となっています...

株式売買ルールおすすめランキング

フレイムラボ
高値圏での順張りで買い戦略の売買ルールです。トレード平均期間が2日以内となっていますので、保有している期間が短くストレスを感じることなくトレードをすることができます。フォワードテストでの期待値は7,300円前後(150万円での運用)となっており、高い利益を積み上げることができます。また、過去のトレードにおいて、最大ドローダウンは約4.6%となっており、リスクが抑えられているところも魅力です。
期待値:7,300円前後 最大ドローダウン:約4.6% トレード回数(年間):70~80回程度
ヒュプノス【トランザム】
高値圏または安値圏での順張りで買い戦略の売買ルールです。トレード平均期間は3日となっており、株式を保有する期間が比較的短くなっています。150万円で運用した場合のフォワードテストでの期待値は4,000円前後となっています。また、過去15年間のトレード運用における最大ドローダウンは約5.3%となっており、リスクはかなり限定されています。年間トレード回数もそれほど多くはないため、手数料負担も少なくて済みます。
期待値:4,000円前後 最大ドローダウン:約5.3% トレード回数(年間):80~90回程度
コキュートス(S)
高値圏での急落を狙った売り戦略の売買ルールです。トレード平均期間は2日となっており、株式保有期間はかなり短めとなっています。150万円で運用した場合のフォワードテストでの期待値は、2,200円前後となっています。過去015年間のトレードにおける最大ドローダウンは約7.6%となっております。売り戦略なので、逆日歩があったり、新規売り停止などにより、売買できないこともある点は注意が必要です。
期待値:2,200円前後 最大ドローダウン:約7.6% トレード回数(年間):240~260回程度